Woomedia

白色ワセリンは紫外線にも有効?用い方次第でいろいろできるスゴさとは

友人が白色ワセリンを紫外線の対策として塗っている。
実際のところ、じかに紫外線を防ぐ効果は白色ワセリンにはないはずなのだが、ある方法によって有効活用しているようだ。

顔や唇などの日焼け止め、そして万一日焼けした時は、その後にも塗ったりできるのだというのでちょっと驚きなマルチタスクぶりだが、実際ワセリンの中でも純度の高い白色ワセリンは、皮膚科でも処方されるほど信頼性が高いのだ。

だがそれが皮膚科の治療はともかく、使い方、考え方次第で有効だという彼女のコメントが新鮮な驚きでもある。

しかもその効果、なかなかどうして普通の化粧品とかリップクリームなどに勝るとも劣らないようなのだ。
私も興味があるし、どんな方法や使い方がもっとも効果があるのか、ちょっと見てみよう。

【スポンサードリンク】

ワセリンの純度を高めたものが白色ワセリン

白色ワセリンも含めてワセリンというのは元々石油から作られた物で、基本は油になる。

油なので、私たちはよくこれを保湿剤として顔に塗ったりするのだが、そうすると肌から水分が抜け出て紫外線などによる乾燥肌を防いでくれるのだ。

この白色ワセリンに対して、普通のワセリンは黄色ワセリンといい、不純物が多く混ざっていて人の肌に塗るとそれこそ肌トラブルの元だ。

白色ワセリンはこの黄色ワセリンよりも純度を高めて、医薬の現場でも使われているほど信頼性が置かれている。
skincare6
また、基本的に顔や他の体の部位に塗っても大丈夫だし、油だから体に吸収されることもない。このため実際、紫外線に敏感だったり、肌荒れがひどい女性にワセリンをすすめる皮膚科の医師も多い。

白色ワセリンなら肌に塗っても日焼けの心配はない

白色ワセリンがどう紫外線の影響を抑えてくれることになるのか、それはさておいて。
逆に言うと、よくワセリンを塗ると日焼けになりやすいという心配の声もよく聞くのだが、それはほぼ間違いなく純度の低いワセリンのはずだ。
つまりワセリン本体の薬効によって日焼けするわけではなく、含まれている不純物に肌が反応して日焼けしてしまうことになる。

なのでよほどの敏感肌かアトピー、そしてワセリン自体にアレルギーを持つような場合でない限り、基本的に白色ワセリンならば大丈夫だ。

【スポンサードリンク】

白色ワセリンは日焼け止め、日焼けの処置にも使える

白色ワセリンならば日焼け対策、そして日焼けした後のスキンケアの両方に使えるというハナシだ。
こんなふうに両方に使える物質も珍しいのではないだろうか。

それだけワセリンが役立つことを示しているといえるのだが、まず友人の女性がどのように紫外線を防ぐ効果のない白色ワセリンを、日焼け対策に使っているのかを見てみよう。

彼女が行っているのは、日焼け止めの下に白色ワセリンをあらかじめ塗っておくという方法だ。
やり方は至ってシンプルで、日焼け対策として使うときには少量の白色ワセリンを手のひらに伸ばしてお顔に押しつけるように馴染ませ、その上に日焼け止めのサンスクリーンなどを塗るという方法になる。

実際、日焼け止めは肌に直接塗ると肌トラブルも起こす場合が多い。
だがその下にワセリンを塗っておくことで肌トラブルを最小限に抑えることが可能になってくるのだ。

二度塗りが面倒な方には、ワセリンを配合している日焼け止めも市販されたりしているし、微量でも不純物の混じっていることが心配な方は、白色ワセリンよりもさらに純度の高いプロペトやサンホワイトを考えてもよいだろう。

逆に日焼けした後も塗り方は同様で、日焼けの部分にワセリンを薄く塗っておけば保湿効果があり、ひりひり感も和らぐ。

ちなみに、日焼けでなく本当の火傷の処置を始め、あせもや湿疹の予防、そして乾燥肌にさえもワセリンは有効だ。

その万能ぶり、思いがけず、「すごいなァ」と感動してしまうのだが。笑

これからの季節、白色ワセリンはますます必需品に

春あたりから紫外線も徐々に強くなり、5月になると夏の3ヶ月に次ぐほどに強くなる。
sky
また、そうでなくともこの時期はまだ気温の低い季節だからと言ってうっかりスキンケアを怠ると、顔などに思いがけない日焼けもしてしまったりするから注意が必要だ。

白色ワセリンは冬場を中心に寒い季節に特有の乾燥した空気に肌がやられれば、乾燥肌対策として使えるし、日差しのキツイ夏場などにはそういうわけで間接的になるけれど、日焼け対策としても利用できる。
オールシーズンに使えると言うことになるだろう。

そしてプロペ都やサンホワイトなど、最高度に純度の高い物は別として、白色ワセリンならば500グラムのものでも1000円を切る安さだ。
なまじの化粧品や乳液を使うと、その含有成分が肌に合わなかったりして肌トラブルを起こしかねないが、白色ワセリンだったらその心配も遙かに小さなものとなる。

私も顔に塗ったことはないのだが、寒い冬の時期、足がかゆくてそこに白色ワセリンを塗ったら速効で治ってしまった。

万能ぶりはやっぱりスゴイものがある。
ぜひ試していただきたい。

(一ノ瀬絵美)

【スポンサードリンク】

女も30を過ぎて独身だと周囲の目線がつらい。

ついつい焦ってしまうけれども、

30代女性だから世の中を楽しんでいける!

そんなおトクな気分をめざすウェブマガジンです。

Return Top