Woomedia

川谷絵音が反論!批判の声がリポーターからも!彼の恐るべきキャラ立ちは見上げたものか

ゲス川谷こと「ゲスの極み乙女」の川谷絵音氏が、限定ライブの中で究極的とも言えるような発言を言ったことがわかり、それが世間のバッシングに対して真っ向からの反論と考えられている。

だがその反論とやら、完全に世間の批判に抗議するような内容で、あくまでも私自身の考えとしておくけど、自分は誰にも謝る必要も無い様にも取られかねないものだ。

その反論について、芸能リポーターの井上公造氏もついに口火を切った形で、
“二人の女性と交際して、一人も幸せに出来ないなんて最低だ”と、怒りに満ちたコメントを寄せているのだ。

【スポンサードリンク】



そもそも世間一般の常識的な判断で言えば、嫁がいるのにそれを隠して外にベッキーという彼女をつくり、しかも彼女に妻帯の真相を後になってしぶしぶのていで告白したゲス川谷こと川谷絵音氏。

しかもベッキーの方は完全に芸能界から干された形のオワコン状態になっている。
その相手に他ならない彼が、はたして今回のライブの時の発言、
“謝れって言っても、世間の誰に謝ればいいのか”
“正直内輪の話だから”
などと話していたとされている。

「これって、スキャンダル騒動でベッキーやその事務所、テレビ局など様々な人に迷惑をかけている事実を完全スルーしているとも受け取れるやん。完全開き直りやね。“不倫は文化”っていっていた誰かと最低な点ではいい勝負かも」
とは、友人の嫁女子のコメントだ。

いっぽう、こうした川谷絵音氏の反論に対して好意的にとらえている人もいないわけではない。
彼の発言によって世間の怒りが確かに彼に対して集中することは明らかだろう。
そうなると彼との振りスキャンダルのもう一方の当事者のベッキーに対しては今までよりも同情が集まることが期待できる。

dandelion

つまり川谷氏は現在仕事がゼロの状態になっているベッキーが芸能界に復帰しやすくさせるために、こうした世間の怒りを一身に自分に集めようとした、というような深謀遠慮を画策していたのではないか?
そんな憶測が同じタレントの山口もえさんなどから上がっているとも言う。 

だがもちろんそんな憶測に対しても、それこそ世間では反論が上がっているのだ。

当然のハナシだが、もしもそういうふうに川谷氏が自分を犠牲にして不倫相手のベッキーを助けようとする俠気(おとこぎ)があるとすれば、今の今まで自分は会見も開かず逃げ回り、しかも嫁を友人呼ばわりしていたなどと言う行為を果たして取っていたのだろうか?

そして正直な話、山口もえさんなど一部でベッキーの再浮上を後押ししているような画策があるようにも見えてならない。

そしてそんな一部のタレントの動きに背を向けるような形で、かなり正面からベッキーや川谷絵音氏の行動に批判を行っているのがリポーターの井上公造氏だ。

【スポンサードリンク】



“あの発言は明らかに逆ギレ”
のように感じたという井上氏は、友人の嫁女子と同じような考え方だ。
確かに友人と井上氏の考えにもうなずけるし、私もまた川谷氏が

「自分たちの不倫について、何も日本中の人たちに謝罪する必要はない」
と取れる様に思える。
そもそも自分たちの人気を支えていたのは、世間の人気に他ならないし、その信頼を大きく崩してしまったことについては十分認識する必要があるだろう。

もしも自分たちが世間のそうした後押しから全く隔絶しているとするならば、なぜベッキーは仕事を失ってしまったというのか。

今回の川谷絵音氏の反論、なんだかあらためて彼の性格を見せられたような発言だ。
井上公造氏の言う言葉が突き刺さるのだが、彼は嫁とベッキーの二人の女性がいることはすでに公然となっているが、それ以外にも彼は別な女性がいたことが知られている。

しかもその女性とつきあっている最中、嫁が作った愛妻弁当をバッグに入れたままひた隠していたという事実も知られているのだ。

そんな彼の女性関係は、言葉を選んで言えばあまりにもクールに響く、というべきか。

depression

ベッキーの復帰を予期する声もあるようだが、こうした男性との不倫行為が発覚した今、以前のように清純派のキャラクターでは不可能だろう。

しかしながら川谷絵音氏といい、確かに世間を騒がす素質は十分あるといえるかも知れない。
しばらくはひっそりと発言を控えていた方がよいように思えるのだが、そうでないと友人の嫁女子のように、相当既婚の主婦層から声が上がるかも知れない。

(一ノ瀬恵美)

【スポンサードリンク】

女も30を過ぎて独身だと周囲の目線がつらい。

ついつい焦ってしまうけれども、

30代女性だから世の中を楽しんでいける!

そんなおトクな気分をめざすウェブマガジンです。

Return Top