Woomedia

恋愛依存症で心療内科って、ちょっとオーバーかと思ったら相当深刻な場合もあるので注意!

以前ちょっと恋愛依存症みたいになっていたかも知れないような友人がいた。
今は無事結婚しているようなのだが、なまじ情熱的な彼女は何回か自分の思いが強すぎて男性を好きになり、別れた経験がある。

だがそのたびに恐ろしいほどの孤独感、絶望感が降って湧くというのだ。
損な彼女が心療内科の門を叩いたことがあったのだが、恋愛依存症というのは軽口みたいな響きがあっても、どうして当事者にとっては相当な心の苦しさがあるようだ。

30代を大分たった私などもふくめて、もしかしたら重度とはいえないが、アラサー以上の女性には多いかも知れないし、恋愛依存症だとしたら確かに怖い。
その時の対策を知っていて損はないだろう。

【スポンサードリンク】



女も30代になると確かにフラれる度に将来が暗くなりがちだし、かといってなかなか良い出会いも徐々に少なくなるのが常だから、恋愛依存症も人事ではすまされない。
友人女性の場合はたまたまその後良い縁に恵まれたし、自分なりに心療内科にかかったりして克服して来れたのでハッピーエンドになったが、全ての人がそうなるとも限らないし。

心療内科では恋愛依存症をカウンセリングで治す

恋愛依存症も依存症の一種である限り、立派な精神疾患であり、決して軽く見ることは出来ない。
友人の場合はまだ軽い方だったが、ひどいのになると自分で自分の手首を切ったり、要するに自分で命を絶とうとするところまでいってしまうと言う。

もちろん踏みとどまった女性もいれば、そのまま命を終えてしまうケースもあるらしく、そこまで来てしまうと決して周囲も油断できないものだ。

だが多くの場合、大体は彼氏にフラれたり別れたりしたショックが薄らげば症状だって楽になる。
要はそういう精神状態の正常化をふつうの人並みに取り戻せるかどうかなのだ。

trouble5

心療内科では良くある治療法だが、この恋愛依存症もカウンセリング、つまり医師や医療側と患者との対話によって徐々に心の重荷を取り除く方法が主流のようだ。

信頼できる人々との対話を通して症状を改善

恋愛依存症の症状の特徴として、彼氏にフラれたり別れたりするケースに引き起こされるのが典型とも言えるが、それ以外にも恋愛中であっても発症する時があるから厄介だという。
実のところ私の友人がそんな風な状態だったようで、たとえ彼氏とうまくいっている最中であっても、不安のタネがあるところには発症するのだ。

友人の場合、わずかに彼氏が忙しくて連絡をよこさなかったりメールを送ってこなかったりしたらそれだけで不安が沸騰し、ずいぶん落ち込んでうつ状態の一歩手前まで行っていたようだ。
「不安で不安でしょうがないの。彼から連絡が来ないと本当につらくてしょうがない。何をやっても彼の事しか見えなくなっちゃってね」
と当時を振り返る彼女。

心療内科ではとにかくネガティブな反応をやめて、自分を磨いたり他の女友達と楽しくつきあったりするように説得を受けたらしい。

恋愛依存症というのは、彼女をみて感じたのだが要するに言い方を変えれば“彼氏依存症”なのだ。

何をするにも彼氏ばかりしか頭になくなり、そしてそこにマイナスのイメージしか湧かなくなってくる。

【スポンサードリンク】



メールや連絡がなかなか来なくなったら別れの印。
彼氏にあってもわずかに冷たい素振りを感じただけで別れるサイン。
さらには、彼氏の笑顔を見ても、むこうは心のどこかで自分と別れようとしているにちがいない。

だのに私はそんな彼氏がいなくなったらもう生きていけない。
この堂々巡りでどんどん不安になったという。

恋愛依存症を克服するには

ただ、そういうわけでこの恋愛依存症というのは一種の精神疾患なのでやはり専門医や病院で診察を受ける必要がある。

その上で私は思うのだが、いまの精神科とか心療内科というのは、必ずしも他のないかとか外科みたいに患者を改善しきれるものではないのだと思っている。

なんだかこういうと私もうつっぽく感じられてしまうかも知れないが、人間の心というのは外面に出ない分、どうしても病気が治った、治らないという判別が難しいのではないだろうか。

だがそうであれば、ある意味本人や周囲の人々の努力も助力となって、その女性の恋愛依存症を楽にして上げられるのではないだろうか。

私はそんな状態の時の彼女に、とにかく彼氏のことを思いすぎてしまうわけだから、思わないような工夫をすべきだと考えて、彼女の尻を叩くような格好で一緒に旅行したり歩き回ったり、またレジャーを楽しんだりしたことがあった。
もちろん私と二人の時もあったし、もっと大人数の時もあった。

”Y‚Ý-Žo

そしてとにかく、彼氏から連絡が来なかったりしてもこちらから連絡を入れるのは2回に一回とか、3回に一回とか決まった時にのみやるように促し、それ以外は料理教室とか手芸とか、何か手や足を動かして習い事をさせるようにハッパをかけたのだ。
つまり他のことに集中出来るよう仕向けたというわけだ。

恋愛依存症の特徴の一つは、どんどん気持ちが陰にこもって行動しなくなってくるようなところがある。だから逆のことを出来るだけさせるようにしたほうがよいようだ。
純粋なウツの時ならまた別だろうが、彼女の場合そこまで行っていなかったようだし、むしろこれが良かったかも知れない。

考えてみれば、心療内科を彼女が自分から訪れたのも、自立心がどこかに残っていた現れだったかも知れない。

その後彼氏と上手くつきあっていくようになり、結婚している。
私も喜んだのだが、逆にかえって今度は私が30代であぶれるハメになっている。
何の因果だか知らないが、当の彼女が私を心配して
「まさかあなた、恋愛依存症じゃなくて独身依存症なの?」
とからかわれる始末。

シーソーゲームみたいな話だが、私は決して独身を喜んでいるわけではない。
でも彼女の依存症を広くとらえれば、結婚できないのはやっぱりどこかで積極性に欠けるのが原因かな、と思ったりするのだがどうなんだろうか。笑。

(喜屋武氷捺)

【スポンサードリンク】

女も30を過ぎて独身だと周囲の目線がつらい。

ついつい焦ってしまうけれども、

30代女性だから世の中を楽しんでいける!

そんなおトクな気分をめざすウェブマガジンです。

Return Top