Woomedia

お腹が痩せるにはどうする?痩せにくい30代を克服するためにしなくてはならないこととは

30代になってからしばらくすると、微妙に体の線が崩れてきているという悩みを抱えている方は多いのではないだろうか。

その体の線の中でも特にお腹とその周辺はポッチャリむくんだまま、なかなか痩せないのが私達の年齢によくありがちなのだ。

実際痩せにくいと言われる30代の女性にとって、痩せるにはどうしたらよいだろうか?

【スポンサードリンク】



食事ダイエットで効果があるのは20代だけ

実際、食事制限するなどしてダイエットに取り組んでいた20代と異なり、30代に同じような方法を採ってもなかなか痩せないと言われている。

これは一つには若い頃よりも代謝能力がおとろえてきているため、食事を減らしただけでは体にたまってしまった余分な栄養分が減らないことが多い。

とくにお腹の回りについた脂肪などは、女性特有のものだと言われている。
女性は子宮を守るため、お腹周りや腰の部分にすぐに脂肪がたまりやすくなっており、また私達の年齢になると仕事などでも座ったままの姿勢を続けていることが多くなる。

このため腰の周囲の血行が悪くなってむくんだりするためもあって、どうしてもタル型の体形になりやすいのだ。
腰や太ももなども冷えやすく、たんに痩せるだけでない、実際問題として健康上、深刻なことなのだ。

だから痩せるには代謝能力の優れていた若い頃と違い、年齢にあったダイエット方法を採る必要が出てくる。

このためただ食事を減らすだけでは効果がないし、30代、40代になったら他の方法
で痩せる努力をするしかない。

30代からは運動で筋肉を付けることが基本!

お腹がぽっこり膨らんでいるような太り方の原因は、一つには運動不足が挙げられる。

そして便秘気味とか、上に書いたように座りっぱなしの姿勢で日中過ごすことが多い、というのもその運動不足を助長してお腹が出る原因の一つとなっている。
これにストレスや姿勢の悪さが加わって、不健康に太ってしまうのだ。

だから根本的にうしたお腹のたるみを取るのは、お腹周りの筋肉を付けてしっかりとお腹を支えるように出来ればよい。

そこで白羽の矢が立つのは運動となるわけだが、運動もいろいろあるので時間や金銭的に余裕のある方はジムに入会してトレーナーにメニューを考えてもらってもよいだろう。

jogging

ウォーキングは超オススメ!正しい姿勢で早足になること!

だがもっと手っ取り早く、しかもお金を掛けないで簡単にお腹の回りの筋肉を付けて引き締めていける方法がある。

それがウォーキングだ。

たんに歩くだけじゃない!?

と考えがちなウォーキングだが、決して侮ることのできない素晴らしい効果を持つのがウォーキングだ。

もちろんお腹が痩せるにはただ漫然と、ブラブラ歩くだけでは足らない。
ウォーキングをダイエットの一環として痩せるために行う時にはそれなりの知識とやり方があるから注意が必要だ。

【スポンサードリンク】



ウォーキングの仕方でマストとなるのは次のようになる。

まずふつうよりもやや早足になる事。
そしてきちんと前方を見て、顎を引き、猫背にならないことだ。
背筋を伸ばして正しい姿勢で歩かなくてはならない。

特に普段座ったままの方には大変かも知れないが、それはお腹のまわりの筋肉が落ちた結果、猫背や骨盤のゆがみの元となっているのが原因だ。

だからそんな悪い姿勢や骨盤のゆがみを矯正する意味で、こうした歩き方が必要になってくる。

このウォーキングを騙されたと思って、一日30分、理想的には一時間くらい向こう3ヶ月くらい毎日やってみるとよい。
時間のない人は一日のウォーキング時間を二つか三つくらいに分割するのもよいだろう。

このウォーキングによって足腰が鍛えられ、それを支えるお腹の筋肉を引き締めるのにも役立つ。

ウォーキングの効果はただダイエット効果があるだけではない。
代謝を高めて自律神経を調節し、けっこうもよくしてくれるので肌荒れの改善にもなる。

また脳も活性化できて記憶力がよくなるのだ。

更に日中ウォーキングをして日光を浴びることにより、セロトニンを体内で生成して精神を安定させる働きも期待できるのでプチうつの人にも最適なのだ。

walking5

30代は多忙によるストレスや長年の不摂生が形となりやすい

20代の頃はそんなに気にも留めなかったが、実際30代になってみると体のあちこちでマイナスの変化が見られる様になることが多いはずだ。
基礎代謝能力が若い頃よりも低下して、それだけ体の表面だけでなく内側にも気をつかわなくてはならなくなってきているといえるだろう。

また、そんな生活を長らく続けていたために、あるべきところの筋肉や機能が低下し、それがお腹の出っ張りなどとなって目に見える形になっているといえる。

なので一番よい方法はくり返すが、そんな弱った体の部位を鍛え直す必要がある。
特に冬場、運動不足になりがちで筋肉も弱っているはずだから、それを取り戻して体をリフレッシュさせるためにもウォーキングなどの運動が必要だ。

ウォーキングは基本歩くだけの運動だが、それだけに誰でも簡単にできるし、器具なども必要ない。
ぜひこのダイエット方法で心身をリフレッシュし、シェイプアップに役立てていただきたい。

(増淵夕子)

【スポンサードリンク】

女も30を過ぎて独身だと周囲の目線がつらい。

ついつい焦ってしまうけれども、

30代女性だから世の中を楽しんでいける!

そんなおトクな気分をめざすウェブマガジンです。

Return Top