Woomedia

肌荒れを早く治すには乾燥から肌を守ること!全身ケアのじっくり型が大切なスキンケアになることも

肌荒れがこの乾燥した時期、やっぱり起こりやすくなる。

早く治すにはどうしたらよいか、と考えた場合いくつか方法がある。
だがそのどれもが的中しない場合もあるようなので心配だ。
そんな時にはもっと全身的な視野で自分の肌荒れの原因が何かを考えてみなくてはならないようだ。

farelady

特に体の中の内蔵機能とか血行がよくなかったりすると、それが表面の肌に出てくるし、空気の乾燥にすぐやられてしまって乾燥肌など、肌荒れの原因ともなりかねないといわれている。

大切なスキンケアだが、その基本をたどるとやっぱり日常的な生活習慣とか、食習慣に行き着くようだ。

【スポンサードリンク】



肌荒れを早く治す方法は、まず乾燥を防ぐことから-私のやり方をご紹介

この時期肌荒れの直接的な原因は何と言っても空気の乾燥になる。

だから肌荒れを早く治すには乾燥を食い止めて保湿を常に心がけるようスキンケアが大切になってくる。
私なども秋や冬、または春先など空気の乾燥した時期には肌荒れが起こってしまい、以前は顔がかゆくなったりしてしまうのだが、そんな時にはなるべく肌を刺激しすぎない化粧水を使うようにしている。

そして洗顔の時も暖かいと感じる程度のぬるま湯でさっとすませるようにし、肌の油分を落としきらないようにすることが大切だ。

入浴やシャワーの時も同様で、なるだけ刺激性の少ないソープを使い、それを手に受けて手で体をなでるように洗っている。
これが一番肌に優しい洗い方のようだ。

そして“洗いきらない”くらいに体を洗い、上がった時にはすぐに保湿のための化粧水を使うようにしている。
こうすれば肌が最も水分を吸収した時点で、保湿できる。

farelady1

その他、サプリを取ったりすることもある。
サプリに即効性はないのだが、しばらく続けていると化粧ののりが変わってくるし、肌の保湿が少しずつ改善してくるのでおすすめだ。

とにかくこの様にするなどして、出来るだけ乾燥から肌を守ることが大切になる。
よろしければご参考にしていただきたい。

肌荒れには他に原因も

もうひとつ実は原因が考えられるのだが、それは花粉症によるアレルギー反応となる。

花粉症の季節、スギ花粉などの花粉に対してアレルギー体質の人の中には、アレルギー症状が派皮膚に現れる人も少なくない。
現に私の友人なども毎年のようにこの時期花粉症皮膚炎にかかって赤ら顔になってしまうのだ。

さらには、自分の肌に合わない化粧品を使っていたり、間違ったスキンケアをしたり、また怠ったりするとやっぱり肌荒れの原因ともなる。

【スポンサードリンク】



こうして複数の肌荒れの原因を探ってみると、乾燥肌による肌荒れが今の時期一番の根本的な原意だともいえるかも知れない。

化粧品やスキンケアをを間違った場合には確かに肌荒れを早く治すことも可能かも知れないし、乾燥に弱い場合もある程度対処できるだろう。

だが往々にしてこうした肌トラブル、肌荒れというのは体の内部、そして生活習慣とリンクして現れることが多いのも事実だ。

過労、ストレス、睡眠不足、食習慣に注意!

よく言われるのが仕事による過労や睡眠不足が重なり、ストレスがたまってくると肌に悪影響が出る。
化粧ののりが徹夜した時など悪くなるのはよく言われていることだ。

また肉食を中心としたり、インスタント食品ばかりを食べているとやはり肌にはよくないから、そうしたものを控えめにしたり、ヨーグルトなど乳酸菌やビフィズス菌を取るなどして、腸内環境を改善することが大切になる。

そしてまた、適度な運動や日光浴なども大切だ。
日光浴というと紫外線の悪影響が先に立ってしまうが、実のところ紫外線は適度に浴びればビタミンDを生成して代謝を促し、自律神経を整えてくれることが知られている。
ビタミンDはまた免疫力を高めてカルシウムの吸収を助けてくれるのだ。

その他にも日光浴はセロトニンという精神安定ホルモンの分泌を促し、ストレスを緩和してうつや睡眠障害を予防してくれるとも言われている。

diet2

心身の健康が美肌につながる

肌というのは、関係無いように見えて実は体の内側の機能と密接に結びついているものだ。

だから肌荒れが生じたら、内臓や血流の機能が低下しているのではないかと言うことも合わせて考えた方がよいだろう。

そういうわけで、一時的に肌の乾燥を止める方法もあるが、そう考えると、肌荒れを早く治す方法となり得ないかも知れないが、体全体とメンタルな部分を考えることによって長期的に安定してスキンケアを考えることにもつながる。

一時確かに表面的なスキンケアやサプリで肌荒れを改善できたとしても、それをやめたとたんに再発してはやっぱりつまらない。
肌荒れを通して、自分の食生活や生活習慣を一度大がかりに見直して改善するのが一番理想的なスキンケアにつながるにちがいない。

(一ノ瀬絵美)

【スポンサードリンク】

女も30を過ぎて独身だと周囲の目線がつらい。

ついつい焦ってしまうけれども、

30代女性だから世の中を楽しんでいける!

そんなおトクな気分をめざすウェブマガジンです。

Return Top