Woomedia

アラサー女性が年下彼氏と結婚まで考えるのは思ったより現実的!婚活市場も本格化か

アラサー女子で、かなり年下彼氏との結婚がメリット多いという話がそこここで湧いているようだ。
私も含めてふつうの女性ならばそんな話、ちょっと引いてしまうと思うのだが、現実的にメリットなどが多いという。

すでに大手の婚活サイトでも年下男性に興味のある女性だけを集めた婚活バーティーも催されている。
一体どう言うことだろうか?

【スポンサードリンク】



私もあまり年下彼氏というのには興味のない方だ。
というか、仲間の女史たちは私と同じくそこそこ30代だが、ちょっとそういうブームみたいなことを聞いてドン引きしている、というのが事実だ。

ただ現実的に見ればアラサー女性にとっては結婚する可能性が20代よりはるかに厳しい。

にもかかわらず30代女性、あるいは40代女性になると今まで積もってきた願望が圧縮されて爆発するというか、婚活に全勢力を注ぎ込む場合が多くなる。
私もその一人かも知れないし、友人女史は大方がそんな女性だ。

年下彼氏と結婚する具体的なメリットとは

だが現実を見たりすると、年下男性と結婚する女性は実に多くなってきている。

タレントを見ればいくらでもそういうケースが見られるわけだし、芸能人という特殊な環境を除けば家庭生活は共通項が多いだろう。

一番のメリットは何と言っても私たちキャリアのある30代女性にとって、仕事上で干渉されるのが少なくなることだ。
私の頭が古いのかどうかわからないが、年下の男性、特に20代の彼らの思考は昔のような嫁は家を守る、嫁は家庭に収まっているべきだ、という考えから一回り離れていることが期待できる。

boy

また、たとえそうでなかったとしても年上の嫁から家庭生活の中でそういう風に「躾けて」いく事も出来るだろう。

年下の方がふつうの旦那よりもプライドが高くないから、円満に行きやすい

アラサーの私はかつてOL時代、部下に当たる年下の男性からヘンテコなモーションめいたことをしかけられたことがある。

ムカついて頭ごなしに一蹴したことがあったが、 要するに結婚する以前からのやり取りの中で、年下彼氏というのはそんなに嫁を尻にしかない、威張らないような雰囲気が多いという。

これが結婚した場合、かえってお互いを立てていくきっかけを生むので円満に家庭を営んでいけるのだ。

【スポンサードリンク】



しかも今の世の中、年下の男性というのは婚活である意味いまだオーソドックスな選択とはとられていないため、婚活市場での競合も弱いという。

円満な夫婦生活も長く期待できる

ついでに言うと、年下の男性は年上よりも男性としての機能がその分若いため、結婚するとふつうよりも長く夫婦生活が期待できる。

しかも女性の方がふつう4,5歳平均寿命が長いから、ある意味“仲良くあの世にいける”ということも出来るかも知れない。

家庭生活というのも円満な家庭にとって無くてはならない大きな要素だから、年下を嫌う気持ちはわかるが、大変大きいメリットをしょっている、それが年下彼氏を持って結婚する事となる。

スタンダードな結婚を望むのは、偏見もあるかも

ただ、そういうわけでアラサー女性、30代女性にとって年下彼氏との結婚墓なり現実的な選択といえる。

だがご存じの通り、今の社会通念もそうだがほとんど私たちの中に染みついている常識的なスタンスで、ふつう年下はないだろう、とういのは大方の意見だ。

確かに今の世の中ある意味そうした「変則的」な結婚には後ろ向きだろうし、結婚したら下で周囲からの目が険しくなるのかも知れない。

だが上の通り、大手の婚活サイトでも年下男性の好きな女性限定で婚活パーティーを開いたりしている。
成婚率も年齢が上になるにつれて激しく先細りしている今、そんな年下男性との出会いを紹介したりしているから徐々に浸透していくことだろう。

だからここは将来を見据えて、一度自分の「好み」じっくり考えてみてはどうだろうか。

pensive

もちろん抵抗もあるだろうからすぐには“方向転換”出来ないかも知れないし、時間をある程度掛けていく必要もあるだろう。

私もそういうわけでかつてそんな年下男性から変にアクションかけられ(かけ?)た経験があって、はっきり言ってそれを思い出すと不愉快が先に立って気分が悪くなる方だ。

だが友人女史に言うと
「もしかしたら流行の年下婚でうまくいってたかもね」
と冷やかされる。

そう言われてまたムカつく。
カルシウムが足りないのだろうか。 笑

(一ノ瀬絵美)

【スポンサードリンク】

女も30を過ぎて独身だと周囲の目線がつらい。

ついつい焦ってしまうけれども、

30代女性だから世の中を楽しんでいける!

そんなおトクな気分をめざすウェブマガジンです。

Return Top