Woomedia

元彼のことが忘れられない!新しい彼氏がいるけど好きになりきれないのは恋愛が下手なのか

別れてしまった元彼が忘れられない、というケースは私たちの年代になってもままあるようだ。

私もそんな踏ん切りがあったのだが、中には20代のころ別れた彼氏を引きずって、30代となった今では新しい彼氏も出来ていて、あと少しで結婚するというのにいまだに元彼の幻影がちらつく、はっきり言って元彼の方が好きじゃないのか?

とまで自分の心がわからなくなり疑心暗鬼の女史もいるようだ。
一面30代で結婚できるし、横から見ると贅沢の極み、恋愛が下手、のようにも思えるが、本人はいたって深刻だ。

【スポンサードリンク】



思い出は美化される、隣の柿は美味しく見える

元彼とわかれた経験のあると言うことで私もそんな気持ちはわからないわけでない。
私も結婚を考えてまでいたこともあったから、元彼をそう易々と忘れられないし、もしかして今後新しい彼氏が出来たとしても同じ気持ちになるかも知れない。

ただ、客観的に見れば元彼と別れて私の場合正解だった。
理由は彼の浮気だ。
いまだ考えてみると疑問も残るが、功労経た経験者の女史に言わせてみると、“浮気は一生治らない”。
もちろん一般でもよく言われることだし、私も元彼に完全にウソをつかれていた経験がある。

そんな男性を好きになってしまった私にも非があるが、忘れられないという気持ちは同情できる。別れた後、彼を現実以上に素晴らしい男性と思い込んでしまうのだ。

新しい彼氏が出来ても付き合うのは現実だが、思い出として元彼をイメージする時、どうしても心の中で理想化がされるようだ。
一つにはそのため、今の新しい彼氏よりも元彼の方がもっと理想的だった、という気持ちになってしまう。

思い出というのは一面罪なところがある。
それはよい思い出がクローズアップされで、不快な思い出は奥に隠されがちなのだ。

よく言う、“よい思い出しか残らない”のだ。
時が経つにつれ、元彼でもよいところしか思い浮かばないようになる、これはこれで自然な行為だし、そこまではよい。

だがそれを「元彼が忘れられない」という恋愛の気持ちの再燃のようにとらえてしまいがちだというのは私も経験している。

inherthirtes

そんな時、もっと大人にならなきゃいけないな、と考える様にしている。
年齢的には実際もう大人すぎるのだが。笑

新しい彼に対してわだかまりがあって心を開けない

このため彼女の倍、新しい彼氏と付き合ってもうけっこう経つのに、いまだ好きになりきれないところがあるという。
「昔の彼の事が時々蒸し返されるんだよね。今の彼と付き合っている時、彼の仕草を見ていると、あ、これ元彼もやっていたよね、とか心の中で思っちゃうし」

「そんなふうに気持ちの整理がついていなかったりするんで、ホントに罪悪感。もちろん今の彼は元彼よりもよいところがたくさんあると思うんだけど、良いところとか悪いところとかで割り切れないところだってあるし」

「もう結婚の話まで出てきているし、私も若くないからなんだかしぶしぶって感じで結婚になるかも知れない。そうしたらもしかして、誠実さに欠けるような気がする。よけい不幸かな?」

延々とこういう内容をくり返すマネジメント職の彼女。

【スポンサードリンク】



新しい彼氏は彼女よりも年下で、残念なことに年収も彼女の方が上だ。
この頃はよくある話っぽい。

だが彼女は自分の罪悪感にさいなまれる裏返しというか、そうした現実的にどうしようもない彼の“欠点”をむやみにあげつらうようにも聞こえて来る。
その結果心のわだかまりが膨張して、うつっぽく考えてしまうようだ。

新しい彼氏との思い出をたくさんつくること、過去は思い出されて当たり前

だが私にもそうした事があるとおり、誰でも元彼がいた人には起こる現象だと思う。

思い出だけに美化されるし、そうなると元彼の良さとオーバーラップも起こる。
今付き合っている新しい彼氏、それは現実以外の何物でもないから理想化も何もない。

要するに彼女の内面にとって元彼と今の彼とでは、今の彼の方が不利なのだ。

だが、そんな場合でも今の彼氏とデートや旅行を増やし、気持ちを交わす場面を多く持てばだんだんと今の彼氏の“環境”に慣れてくると思う。

多少のわだかまりがあっても積極的にこちらからデートや旅行に誘い、新しい彼氏との思い出をたくさん作り、経験すること。

couple

元彼が忘れられないという気持ち自体、そんな思い出作りが中途になっている証拠だともいえるだろう。
徹底的に今の彼氏と付き合い、その中で見えてくる物も多いはずだ。

元彼がいたら当然思い出も記憶も残る。
誰でも同じ経験をしているのだ、と彼女が割り切って新しい生活を自身の手で開くことを願いたい。

(一ノ瀬絵美)

【スポンサードリンク】

女も30を過ぎて独身だと周囲の目線がつらい。

ついつい焦ってしまうけれども、

30代女性だから世の中を楽しんでいける!

そんなおトクな気分をめざすウェブマガジンです。

Return Top