Woomedia

花粉症が2016年は1月から始まっているって冗談みたい!もう鼻水が出て来て先が思いやられる!

花粉症がもう始まっている、という噂は知人友人、そして世間ではほぼ確定的な事実のようだ。
今年はすごい早い!

私も実はこの2016年 、年が明けて1月の正月休みを実家でゴロゴロ過ごしていたが、その時から鼻がおかしかった。
初めは風邪かな、と思ってみたが、鼻水と頻繁なくしゃみ、そして目がショボッとする症状。
明らかに花粉症だ。

実家に帰るといつもロクな事がないな、と、3が日終わって早々に戻ってみたらだんだん本物の症状になってきた。
もう今から花粉症のシーズンって、先が思いやられるのは私だけではないだろう。

【スポンサードリンク】



暮れから大晦日にかけて本当に風邪を引いていたため、その名残とも思ったがどうやらそうではない。
こちら関東に戻ってみると周囲の友人や知人も同じような症状だ。

いくら何でも早くない?

と思ったら、やっぱり花粉症がもう1月に始まっている2016年、それなりに根拠があった。

空前の暖冬でスギ花粉の飛散が早まった

一つには暖冬。暖冬になると花粉症の到来が早くなるという。
しかも今シーズンの冬は、なんとこの5年間で一番暖かな冬だといわれ、東北地方では気象観測以来の暖かな冬だとも。

なるほどテレビを見ると北国のある地方では積雪が少なくてスキー場が商売あがったりとなり、雨乞いなららぬ雪乞いの儀式まで行っていた。

微量だが花粉はすでに飛んでいる可能性が

ただ、日本気象協会の発表では、今年はそういうわけで暖冬により花粉の飛散早まるとは言え、2月上旬に前倒しだとのこと。

「じゃあ、私たちが今苦しんでいる2016年1月の花粉症、お役所の累計から統計外になってるわけ?気象協会の発表よりもひと月は早いじゃん?」

と頭に来てる友人女史、婚活の失敗続きを花粉にぶつけてるようにも見える。
でもはっきりいって、花粉症の最大の原因となるスギの花粉は、もうすでに飛散していることも考えられる。

heyfever5

この暖冬で、もしかしたら年が変わる前だって飛散している事もあるだろう。
また、場所によっては暖冬の中でも更に暖かくなった地方などではさらに飛散が前倒しになる事だって考えられる。

日本気象協会の方で、花粉の飛び始めをどのように定義しているのか知らないが、要するにある一定の量を超えた時、初めて花粉の飛散を発表するにちがいないのだ。

だがたまたまそれに満たない量だったというのがこの正月、1月の花粉の量だということで、だからいまだ飛散の発表がないのに花粉症になっている私たちがいる、ということだろう。

ちなみに今年2016年、飛散が発表されるのはまず九州で2月5日に始まる予定といい、10日あたりになると大阪や東京、それ以後徐々に日本列島をさかのぼる。

【スポンサードリンク】



今シーズンの花粉の量は大したことない?

年明け早々そういうわけで私も友人たちと一緒に花粉症の洗礼を受けてしまっている。

こうなると、今から症状が出ているということを考えると今シーズンの花粉の飛散量がすごそう、花粉症がきつそう、と思ってしまうのは理の当然だ。

だが今のところ気象協会の発表によると、今年の花粉の量はそれほどでもないらしい。
予想を見ると東京では例年の40数%にとどまり、半分以下の飛散量だという。
花粉症の原因となるスギが、昨年夏は短い日照時間や比較的涼しかったこともあって生育が悪く、それで花粉があまり多くないという。

「それはそれで安心材料だけど、他にも今年はインフルエンザの流行がこれからだっていうじゃない?花粉症とインフルエンザにコラボでかかるって事だってあるでしょ?」

「私はアトピー持ちだし、花粉症でよけい悪くなるよ。肌もやられちゃうんだよね」
みんないろいろ大変そうだ。

cedarpollen

花粉は一年中飛んでいる!春だけでなく秋にも花粉症にかかる

そんなわけで2016年は1月からもう花粉症のシーズンになっているといってよいだろう。
微量とはいえおそらくスギ花粉はすでに飛んでいるだろうし、それで私もグシュングシュンやっている。

だが私の場合、秋にも花粉のアレルギーが出てしまう。
スギ花粉と別な植物の花粉にもアレルギーがあるためだ。こういう人はけっこう多いようだ。

ただその中でも、春先のスギ花粉の症状はやっぱり別格だ。
だからそれだけに花粉対策に今から取りかからなくてはならないだろう。

実家に正月帰って地元の神社に参拝してグシュングシュンやっていたら
「インフルエンザじゃないの?」
と姉に疑われ、
「マスクもしないでくしゃみするから婚活でも男に逃げられるんだよ」
とバカにされた。

そんな事関係あるか!
と言いたかったが、西洋ではくしゃみした人に“Bless you! ”、つまり『神のご加護を!』と言う習慣がある。
花粉症のくしゃみは縁結びの神様が逃げるのかどうなのか?笑

とにかくマスクと目薬、そしてティッシュはシーズン中のマストアイテムだ。
外から帰ったら部屋に入る前に花粉を払い落とす、洗濯物は外に干さない、など、この時期は要注意だろう。

(一ノ瀬絵美)

【スポンサードリンク】

女も30を過ぎて独身だと周囲の目線がつらい。

ついつい焦ってしまうけれども、

30代女性だから世の中を楽しんでいける!

そんなおトクな気分をめざすウェブマガジンです。

Return Top