Woomedia

アラサーで恋愛が未経験というのも強み!全ては自分次第だと覚悟を決めること!

アラサーなのに恋愛すら未経験という女子が増えているようだ。

実は私の友人にもそう言う女子がいて、何でも中学時代、いろいろ辛い目に会ったらしい。
そのトラウマが今の今まで引きずってしまい、詳しくは言えないが男性に過度に臆病になってしまったとか。

でも人のことは言ってられない。
私も彼女のように年齢とイコールで恋愛ナシ、とまでは行かないが元彼と別れたっきり、もうどのくらい経っているだろうか?
婚活でも失敗続きで、なんだか最近、喪女って自分のことのような気がする。

【スポンサードリンク】



それはさておき、同じ未婚アラサー女子とはいえ、私たちと彼女とはまた別な大きな隔たりがあるようだ。

アラサー女子は待っているだけでは恋愛できない

たとえばそれは、彼女の行動原理というのが全く男性の目線というか、男性を意識していないようなものなのだ。
酒の席では一人で手酌。

すっぴんではないが化粧はすっぴん並みに薄い、というか彼女なりにファンデーションから気を付けているらしいが、ものすごいヘタだから化粧は薄めにしている、めんどくさいという。

だが彼女、それでもとても面白い!
何が面白いか?というと、飲んで酒が回るといつもモテないモテないとこぼすのだ。

じゃあフラれたの?
と聞くとNO。
付き合おうとした男性いたの?
と聞くとこれもNO。
更に合コンとか婚活パーティーとか、出会えるところに行ったの?
と聞いてもまたもやNO。

要するに、向こうから声を掛けられたどころか、自分でも何も行動しない、そのくせモテない、と言っているのだ。
(半分酔っ払って応えているんだけど)

確かに女性は受動的な性格があって、男性側から声をかけてもらったり誘われたりすることを大きく期待もしているし、だから大きなきっかけだ。

だがものには限度がある。
アラサー女子が、それも化粧っ気のないすっぴん同様の女が男性に上手く出会えるほど世の中は甘くない。

恋愛に未経験ではないにしろ、失敗しながら這い上がっている私たちがそのことをよく知っている。
婚活もそうだが、恋愛も積極的に自分から動くしかないのだ。

thirties

年齢を重ねるにつれて恋愛に対して臆病に

ふつうのイメージなら、自然に恋愛しようとがんばったり、積極的になるのはやっぱり20代だ。

それ以降、30代を過ぎるとどうしても20代の女性たちにはかなわない、という思いがつよくなる。
それがアラサー女子の恋愛がより臆病になる原因ではないだろうか。

ある意見では、そんな歳になるまで恋愛や男性経験が未経験ですませてきたのは本人の責任だ、と言うのがある。

結局、
「そんな歳になるまでいったい何をしてきたのだ?」
というお叱りだ。

確かに何事も経験が大事だとはいえるが、そもそも恋愛の目的はそれを成就させること、つまり結婚というゴールインあってこそ存在意義がある。

正直な話、結婚してしまえば恋愛の経験があろうと無かろうとそんなに大したことはない。

じつはこれ、この彼女の“信念”となっている言葉だ。
まあ、一理あるかも知れない。笑

そして結婚したりしたら、それこそ
「他の男性とは恋愛の経験はなかった、旦那一本槍だった」
と、大手を振って旦那や家族を愛せる、と宣言できるようになる。
それこそ最大の強みではないだろうか?

【スポンサードリンク】



恋愛に向いている女性とそうでない女性がいる

個人的な意見だが、言いたいことはタイトルの通りだ。

彼女はどうだかわからないが、実のところ恋愛に向き、不向きな女性というのは確かにいるかも知れない。

アラサーで恋愛が未経験というのはある意味自分がそうだと思い込んでいるのではないだろうか?

男性、女性に限らないけれど、端的な例を示そう。

たとえば恋愛が成就せずに他の異性と結婚した時、過去の恋愛の思い出を引きずるか、ひっそりと自分の胸だけにしまい込めるか?
または暴露されてしまった時果たして家庭を営み続けるだけの器量があるか?

これが出来ない人は恋愛には向いていない。
恋愛が成功すればよいが、失敗したらこういう修羅場は必ず迎えると覚悟しなくていはならない。
私は勝手に断定してしまうのだが、そう言う人は誠実すぎるのだ。

house

だが人間というのは利口に見えて利口じゃないと思う。
なぜならば、こうした自分の心の底にある適正は、やはり経験してみなければわからないことが多いと思うからだ。

だから、確かに恋愛したことのない人にとってはシンドイ、億劫だ、という気持ちは大きいだろう。
だが時にはそんな自分の背中を自分で押して、本当の自分というのはどんな女性なのか、それを知るべきだ。
仮に恋愛が失敗しても必ず何かの実を結ぶもの。

果敢に行動に移すために、その前には十分に慎重であるのはけっこうなことだ。
だがあくまでもその後に公道が伴うからこそ慎重が臆病ではない、と言うこともいえるだろう。

そう考えて、どうすればよいのかは全て自分次第だ。

なお、この彼女に対しては上の様なことをしゃべった後、
「喪女のままで過ごすよりは、いっそのこと原色のファッションを選んで街中を堂々と歩いたらどう?気持ちいいかもよ」
といったら速攻で
「じゃあんたがやってみてよ」
と倍返しされた。 笑

(一ノ瀬絵美)

【スポンサードリンク】

女も30を過ぎて独身だと周囲の目線がつらい。

ついつい焦ってしまうけれども、

30代女性だから世の中を楽しんでいける!

そんなおトクな気分をめざすウェブマガジンです。

Return Top