Woomedia

川谷絵音が長崎の実家に不倫相手と2人で訪れて、父も姉も立派な人なのに何も言わなかったのだろうか

川谷絵音が妻帯者であることを知っていながら長崎の彼の実家マンションに一緒に旅行し、両親と会ったというベッキー。
CMや番組降板とともに彼女のタレント生命が窮地に立たされているようだが、ある意味もっと疑問なのは一方の「ゲスの極み乙女」ボーカル、川谷絵音氏の方だ。

彼は各メディアにファックス送信して今回の一連の不倫疑惑を謝罪しているが、それ以後公衆の前には顔を出さずにバックレ状態となっている。

しかも彼女と一緒に正月旅行した長崎の実家マンションでは、嫁ではない彼女を両親に引き合わせているのだ。
彼がすでに結婚していることも知っているはずなのに、両親は何も言わなかったのだろうか?

そうした身内同士の情報は伝わってこないだけに実際どうだったかわからないが、少なくとも彼の父親も姉も大変立派な経歴と職業をもっているのだ。
それを考えるとものすごく不可解な思いに駆られる。

【スポンサードリンク】



川谷絵音は高校教師の父、姉はNHKアナウンサーのエリート家系

川谷絵音氏は両親とも健在なようで、特に父親は長崎県内の高校教師を務めている。
世界史の担当で、しかも生徒からの人気も高いようだ。
特に女子生徒からはバレンタインにチョコをもらうことも多いという。

だが彼の姉はある意味父親以上にスゴイだろう。
なんと九州大学出身の才媛で、元NHKアナウンサーの川谷伊代さん(33 旧姓)。
NHK大阪に2008年から2010年まで務めていた。
その後フリーアナウンサーを経て結婚を機に廃業しているという。

その他実兄もいて、姉と共に結婚後、子供をもうけてつましい家庭を営んでいるようだ。

要するに父も姉も知的職業に就いていたエリート家系と言えるだろう。

長崎の実家マンションでは正月と言うこともあって、もしかしたら兄や姉、そしてもしかしたら彼らの家族も共に里帰りに帰っていたのかも知れない。
そこに末っ子の川谷絵音氏がベッキーを連れてやってきたというわけだ。

いったい長崎の実家では驚かれなかったのだろうか。
モニタリングの木部さんがドッキリで来たとでも思ったのだろうか?

nagasaki1

川谷氏は既婚であることを家族にも隠していた?

少なくとも両親が常識人なら、嫁ではない女性と連れだって実家に遊びに来るというのは激怒もののはずだ。

だが推測的に考えてしまうのだが何となくそんな風にも感じられない。
というか、両親は息子が既婚だと知らなかったのではないだろうか?

彼はファンにさえ既婚であることを隠していたし某週刊誌スタッフが長崎の実家から出てくる彼をつかまえて嫁について尋ねられた時に「顔は知っている、(嫁でなく)友人だ」という内容をキッパリとコメントしているのだ。

そんなやり取りを見ると、どうも実家の方では息子の彼が結婚していた事実を知らされないでいたのではないか、そう思えてくる。

少なくともベッキーと2人で実家にいく事は事前に知らせているだろうし、息子が既婚者で別に嫁がいることを両親がその時点で知っていれば激怒してやめさせるに違いない。

【スポンサードリンク】



川谷氏の実家の両親、家族は今後どうなるのか

川谷絵音氏の長崎の実家、今回の息子の不倫騒動をどうとらえているか興味深い。
大なり小なり息子のしでかした事については、周囲から何らかのアクションがあることは間違いないだろう。

それにしても返す返すかわいそうなのは結婚した嫁だ。
某週刊誌の記事によれば彼女、川谷氏らが駆け出しの2011年頃から裏方で彼らを支え、ライブなどではいつも楽屋にいたという。
そして2015年夏にようやく結婚したというのに、すぐに彼と離婚の話し合いとなり、その間ベッキーと熱愛が始まっていた。

ベッキーも初めは彼を未婚だと思っていたようだが、11月頃既婚者だと告白されている。

doll

現在売れっ子タレントのベッキーに対しては、彼女の公式ブログなどに応援のコメントが殺到している。

だが相手の川谷氏が既婚だと白状した以降も交際をやめずにいたことですでに“確信犯”とする声もあるし、あまつさえその後、正月に長崎の実家まで連れ立ったという事実。

ふつうの女性ならば結婚後、初めての正月に旦那が別な女性を連れて実家に行くなど、つらすぎて考えることすら出来ないだろう。

そのような息子を持った彼の両親、長崎の実家の方はおそらく今後様々な言われ方を受ける事も予想されるかも知れない。

息子の川谷氏自身はもう27歳で、立派な成人なのだから親に対して責任論を持ち出すのは問題があるのではないか?
そんな疑問もあるかも知れない。

だが、すでに多くの関係者、スポンサーやテレビ局、そしてファンまで巻き込みショックを与えていることも事実だ。
正月早々、この突然の芸能界の激震に、当分振り回されそうだ。

(吉野博耶)

【スポンサードリンク】

女も30を過ぎて独身だと周囲の目線がつらい。

ついつい焦ってしまうけれども、

30代女性だから世の中を楽しんでいける!

そんなおトクな気分をめざすウェブマガジンです。

Return Top