Woomedia

花粉症による肌荒れの治し方はまず予防から!弱い肌を強くしてバリア機能を高めよう!

花粉症でも肌荒れは起こる。
その場合どんな治し方があるのか、という話。

それははっきり言って、治し方は予防と大きく連動しているのだ。
だから順序的に言って、治し方をまず押さえておく必要がある。

花粉症というとふつう思い浮かべるのは頑固なくしゃみと鼻水、鼻づまり、という症状だが、肌の弱い人、とりわけ女性やアトピー持ちの方の場合に肌荒れが良く伴う。

私の周囲にも何人かいるようだ。
備えあれば憂いなし、ということで治し方に先駆けた予防方法、その中でも一番効果的でオススメなものをピックアップしてみた。

【スポンサードリンク】



花粉症で肌荒れというと、一番身近にイメージするのが鼻のかみ過ぎによって鼻の下や周囲がヒリヒリしてしまうことだ。
私も酷い時になると赤からおできのようなものができたりして、押すと痛くなったりしている。

また、知っての通り花粉症の時期、花粉から目や鼻、口を守ろうとしてゴーグル型のメガネやマスクをつける人は多いだろう。

ゴーグル型メガネは知らないが、マスクもかぶれる人もいる。
特に密着型のマスクをし続けていると皮膚の弱い人は赤らんでくるようだ。

そして化粧。

dermatisis

いつもと同じに化粧をしているに過ぎないのに、この時期は空気の乾燥も手伝って、肌がかさかさになる人は多いはずだ。

ところが肌が弱くて花粉症で肌荒れを起こしやすい人というのは、花粉が皮膚についてしまうとアレルギー反応を起こすことを意味する。
そこに乾燥も加わってよけいに症状が進んでしまい、赤らんだりぶつぶつが出来たりすることになる。

更にそこへ鼻をかみすぎてティッシュで肌をこする回数が増えたり、付着型のマスクで顔の表面にくっついていたりするとやはり症状が進む原因となるのだ。
私なども歯花粉症で肌荒れがあるわけではないが、鼻のかみ過ぎはついやる方だ。

花粉症の肌荒れは乾燥肌と連動!乾燥肌の予防も考えよう!

そんな花粉症の肌荒れは、先の通り治し方よりも予防の方を心がける方から考えた方がよい。

よく言われるとおりだが、外出から帰ってきた時、体に付着した花粉を払い落とすこと。
なるだけ外出時に来たものはこまめに洗濯すると良い。

そして顔など外気と直接触れる場所は、すぐにメイク落としをして花粉を落とすようにすると良い。
髪の毛にも多くの花粉が付着するので、なるだけ帰宅直後に入浴やシャワーを浴びてしまうこと。
逆に外出前の化粧は、花粉を尽きにくくするために油分をあまり含ませない方がよいだろう

【スポンサードリンク】



注意すべきはメイク落としのクレンジングや、洗顔をあまりやりすぎないことだ。
きつく肌をこすったり、すすぎに熱いお湯を使ったり時間を掛けたりするのはNG。

メイク落としの後に洗顔をするようにして、メイク落としを80%くらいの感じですませるようにし、その後の洗顔で残ったクレンジング剤を落とすようにすると良い。

そしてぬるま湯でさっと洗顔をすませ、化粧水や乳液で保湿をするようにする。
あくまでもやり過ぎは禁物で、これらの化粧品は油分の少ないものを少量使うこと。

タダでさえ乾燥した空気で肌が荒れているところへ、油分の多い化粧品を使えば保湿は出来ても花粉の付着を助けてしまうからだ。

花粉症で肌荒れが出るとわかっているならば、花粉の付着しにくいワセリンを利用すると良いだろう。

dermatisi1

一番の予防は体の中から

花粉症によって出来る肌荒れの治し方が、まず予防ありきだということ、それを具体的な方法を通してみたが、アレルギー反応という部分を別として、乾燥と花粉症の肌荒れはともに肌のバリア機能が低下している証拠とも言える。

そのバリア機能を支えているのは、実のところ体の中、つまり内臓や各器官の働きと大きく関係していると言われている。
つまり体の中の器官の働きが悪いことが原因となって体の表面にその影響が出てきているためだとも言えるのだ。

だから長いスパンで考えるならば、何とかして体の内部機能を改善することが出来れば、肌のバリア機能も強化されることになる。

その最も大きなものはやはりストレスだろう。
そして運動不足、食生活の偏りなど生活習慣に関わるものが多い。

寝不足や過重な仕事でストレスがたまると、自律神経のバランスが取れなくなって血行不良となり、肌に行き渡る栄養分も少なくなる。そして肌に蓄積されている老廃物も滞り、新陳代謝も悪くなってくるのだ。

だからおざなりになってしまうが、肌荒れに一番効く予防は何と言ってもストレス解消。そのストレス解消はやはりまた運動不足とも連動している。

冬に乾燥肌になる事が多いのはただ乾燥のためだけではない。
寒い冬には冷たい外気に触れるのがイヤでつい自宅や部屋にこもりがちになって運動不足になり、果てはそのためにストレスもたまりがちになるためもあると思うのだが、どうだろうか?

なので、花粉症に対する対策はひとまず万全に“武装”し、その上で外へ出て運動することをおすすめしたい。

運動と言ってもあらたまって考える必要はない。
たとえば20分30分街中を歩くウォーキングも立派な運動だ。

私もよくやるのだが、繁華街を長い時では.30分使って隣の駅まで、更に余裕があればもう一駅先まで歩いたりしている。
そして背中が汗ばむまで過ごせたらそれでOK、運動出来たと考える様にしているのだ。

逆に同じ運動でも、テニスのように肌を露出させたりすると肌に花粉が尽きやすいし、ジョギングは激しい運動過ぎて逆にストレスがたまる事も多いと言われている。

一番自然な治し方、予防というわけで、そんなウォーキング、仕事で場所を移動する時などにもよく行うし、繁華街でいろいろショッピング巡りも出来るのでおすすめだ。
興味が湧いたらぜひ試していただきたい。

(増淵夕子)

【スポンサードリンク】

女も30を過ぎて独身だと周囲の目線がつらい。

ついつい焦ってしまうけれども、

30代女性だから世の中を楽しんでいける!

そんなおトクな気分をめざすウェブマガジンです。

Return Top